アルフレッド軍曹のBUHI魂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

その後のアルフレッド 後編

e459
徐々に元気を取り戻して あとはまぶたの抜糸を待つだけでした。








e460
そして復活したアルフレッド
といってもまだ黒目の中央に赤い点が残っているので
ステロイドの点眼をしなければいけません。
薄くだけど格子状切開の痕も残ってます。









e461
今回は左目のスケッズという眼病でしたが
右目もスケッズになる可能性があるそうです。
アルフレッドの右目よ、どうかスケッズにならないよう頑張っておくれ~









e462
痛みと薬の副作用に耐えて頑張ったアルフレッドのために
ママっちはクッキーを焼きました。
眼科の治療費とか仙台までの交通費とか点滴代とか…
たくさんお金が我が家から出て行ってしまったからねぇ…
オヤツ代を節約しないと
手作りクッキーなら安くいっぱい作れるからお得









e463
さぁ、お食べ~。 って食べにくいよね








e464
はい、お食べ~。
どぉ? うまいですか?









e465
「むむっ カリカリの食感が食欲をそそり 
   ごまの香ばしさとカボチャのほのかな甘みを
   オリーブオイルの香りが優しくまとめている…
   美味にござりますぅ

ナイスなコメントしてくれるじゃん。
グルメリポーターになれるかも









e466
アルフレッド、元気になって良かったね。頑張ったね。
よーしよーし、いい子だ
かゆい所はありませんか~?
どしたの?笑顔は? ほら、スマイルだよぉ









e467
「ヒヒヒ…








スポンサーサイト

PageTop

その後のアルフレッド 前編

e453
一ヶ月以上も前に更新したブログで、スケッズという眼病の話をしました。あの時は角膜の上皮を剥がす治療、角膜スクラッチという治療をうけました。
それから10日後の診察で角膜がキレイに再生しているか検査してもらう事になってました。
でもその10日間、毎日アルフレッドは目の痛みに震えていたので、「きっとダメだな…」とママっちは覚悟していました。
そして診察日の検査では、再生した上皮にビランと潰瘍があることが分かりました。
後日、アルフレッドは格子状角膜切開という前よりディープな処置を受けました。
格子状に角膜を切開してコンタクトレンズを装着し、まぶたを2/3くらい縫い合わせて目があまり開かないようにされてました。
これは痛い…痛み止めを飲んでいても痛みで震えていました。









e454
パラボラ生活では、パラボラを装着するようになってすぐに口まわりが真っ赤に炎症を起こしてしまいました。
パラボラと直接肌が触れないようタオルを敷いて、オゾン水でマメに口まわりを拭いていたらすぐに良くなりました。
パラボラの素材が合わない子もいるそうです。
それより深刻だったのは、ご飯を食べなくなったことでした。長く続いた抗生剤服用で胃腸が弱ってしまって食べられなくなってしまったのだと思います。
しまいには一食も食べなくなったので、夜は酒田の病院で点滴を打ってもらってました。
仙台の眼科にも相談したけど「感染症を起こさないよう抗生剤は必ず飲ませて下さい」と言われました。
とても辛い日々だったけど、10日後の検査では角膜の再生が良好だったので抗生剤の服用は終了し、その2日後には食欲が戻ってきました
とはいってもまだ完治したわけではないので、それから2週間は抗生剤とステロイドの点眼をして、検査で角膜に異常が無かったらまぶたを抜糸してパラボラともオサラバとの事でした。
とにかく、目の痛みは治まっているし食欲もあるしでまずは一安心
ホッとして気持ちに余裕が出てきた日に撮った写真です。
この日はまだ左目のまぶたが縫い合わされています。









e455
ところで、この眼科用のパラボラ
取り外しがちょっと面倒なんだけど、
こうしてカラーを通して使えるところは便利。
2つ買って、室内用と通院用に使い分けしてました。









e456
パラボラの写真を撮っていたら
アルフレッドが近くまで来てパラボラを睨みつけてます。









e457
自らパラボラをかぶりながら
パラボラにキレる男、アルフレッド9歳。









e458
そういえばこのパラボラ、
イビキの音を大きく響かせるメガホンのような威力を発揮し
毎日毎日アルフレッドのイビキがうるさかったです

  つづくぅ










PageTop

スケッズ

e446
アルフレッド、ただ今パラボラ生活を送っています。
院長の紹介で仙台の眼科で検査してきましたが、残念なことにキラキラの瞳(左目)に悪い事は起こっていました。
診断の結果は「突発性慢性角膜上皮欠損」だそうで、略して「スケッズ」というそうです。
犬の角膜は4層からできていて、一番外側の上皮は2層目にぴったり張り付いているのが正常なんだけど、スケッズは上皮が浮いている状態だそうです。
角膜にキズがあると上皮が浮いているから大きな穴になったり剥がれたり、だからアルフレッドのキズも大きくなったりしてたんだ…痛いよね…









e447
検査が終わると眼科のドクターはアルフレッドの左目に麻酔を点眼して、綿棒で角膜をこすって浮いた上皮を剥がしていきました。
ダメな上皮は簡単に剥がれるそうです。
「うわー、ドクター!!!」ママっち心の叫び…恐ろしくて見てられなかったです。
上皮の8割くらいが剥がれたそうです。
その後ソフトコンタクトレンズをつけて終了。上皮が再生され角膜に密着してれば成功で、良くなってなければ全身麻酔の治療になるようです。
とにかくしばらくコンタクトで目を保護しないといけないのですが、フレブルはコンタクトが外れやすい犬種だそうです。
特に目を掻いたり床にこすったりすると必ずコンタクトは外れるそうで、エリザベスカラーを勧められました。
でも去勢した時にパラボラをとても嫌がって装着させてくれなかったので、パラボラをしなくてもいいですか?と相談してみると「ま、いいでしょう」という感じだったのでパラボラを購入しないで帰宅しました。
帰宅してからのアルフレッドは特に目を掻くこともなく、遠出の疲れとストレスで爆睡でした。
夜はいつものように一緒にベッドで寝ました。
夜中、アルフレッドが布団にもぐりこんでゴソゴソしていたので目が覚めました。
コンタクトが外れちゃいけないと思い、布団をめくって枕のわきにアルフレッドを移動させると、急に手で目を掻こうとしたりシーツに目を擦ろうとしたのです。慌ててアルフレッドの顔をつかんで掻けないようにしました。静かになったので手をゆるめてみると、またシーツに目を擦ろうとする…「ヤバイ…コンタクトが外れたのかな…」真っ暗で何も見えないし手を放すと目を掻くし、しばらく途方に暮れました。「パラボラの代用になる物をなんとかして作らなきゃ」
まずは爆睡中のアル親父を起こして「アルフレッドが目を掻かないように顔つかんでて」と言い、明かりを点けました。
シーツにコンタクト落ちてるし…(涙)治療してから24時間も経たないうちにコンタクトが…
時刻は夜中の3時くらいでした。
それからパラボラの材料になるような物を探しましたが、ママっちは捨て魔だから何も無い。









e448
そしてなんとか完成したパラボラもどき。
クリアファイルとランチョンマットのような物を張り合わせてパラボラの形にカット。これをアルフレッドに装着して、時刻はAM4時過ぎ。
それから身支度をして朝ごはん食べてアルフレッドにもご飯食べさせて出かける準備をして、仙台の動物病院へ向いました。
10時前には病院に到着して、またコンタクトをつけてもらうことができました。
このパラボラもどきで病院へ行くのは恥ずかしかったですが、眼科医は「良く出来てるじゃないですか~、凄いですね、外すのもったいないくらいでしたよ」とパラボラもどきを褒めてくれました。
でも今度はちゃんと眼科用のエリザベスカラーを購入しました。









e449
眼科用のパラボラはバチン!とボタンで留めるタイプではないので、アルフレッドは大丈夫なようです。もちろん痛みと疲労でそんなこと気にしていられないのかも…








e450
眼科で検査した時、アルフレッドはドライアイだということがわかりました。ドライアイだと角膜にキズがつきやすいので、右目のほうはヒアレインという目にうるおいを与える点眼を使うことになりました。
左目はタリビッドを点眼して飲み薬も与えてますが、やっぱり痛そうにしてます。目は閉じているしたまに震えています。
そして一番困ったのがフードを食べないこと…大好きだったヨーグルトやミカンも食べないし、ミルクも飲まない。
ニオイは嗅ぐけど食べない…口に入れてみてもペッと出すし…
優しく声をかけて励ましたりしながら、少しでも食べて飲むよう努力しているところです。









e451
薄目でママっちを見てます。痛いよね、早く良くなるといいね。
しばらく、目が治るまでは夜は床で寝てもらいます。一人で寝せるとメソメソ泣くので、アル親父と共に床で寝てもらってます。
アルフレッドがパラボラをグイグイ脚や顔に当ててくるので痛くて寝たようでないと言ってますけど、そこはアル親父に耐えてもらわねばっ。








e452
今回はダラダラと長文になってしまったけど、
少しでも誰かの参考になれれば…
そして少しでも元気パワーをアルフレッドに送ってもらえたら…と思います。








PageTop

キラキラの瞳

e439
今年のアルフレッドの誕生日プレゼント

それはオモチャ

ずいぶん安く済ませちゃった… 

いや、タンクトップも買ってあげたしっ









e440
とにかく、オモチャ気に入ってくれたし

特にツノみたいな所が…

ぶっさいくな顔で咬んでるね~♪









e441
ツノを咬んで咬んでウットリ








e442
咬んだ所を必ずスンスン嗅ぐのはなんでだろう…?








e443
急に荒々しい気分になり オモチャを攻撃。

このオモチャ、けっこう音がうるさい。









e444
こんなに元気に遊んでいたアルフレッドだったのに

翌日、仕事から帰ると様子がおかしい…

眠ってばかりで動こうとしないし、目を開けようとしない。

薄目で辛そうにこちらを見ている。

午後は休診だった病院でなんとか診てもらうことができて

眼球にキズがあることが判明。

散歩中に草とか何かでキズつけてしまったのかもしれない

そんなわけで9月の5連休はアルフレッドは家で静かに過ごした。

浅いキズだからすぐに完治すると言われて安心していたけど

一週間後の診察で、全く良くなっていないし

それどころかキズが悪化しているって何?

そして、目薬と飲み薬で治らないのは別の病気が考えられるから

仙台の眼の専門医のところへ行って検査してくるよう言われた…

というわけで、予約でいっぱいの眼科だったけど

なんとか予約をいれることができた








e445
ママっちの大好きなアルフレッドのキラキラの瞳。

白内障で少しずつ濁ってきているけど

どうかキラキラの瞳に悪い事が起きませんように…













PageTop

胆汁

w641
毎日毎日 寒い…

アルフレッドはヒーターの前を陣取り

ポカポカまったりと過ごしています。









w642
先週のある日 アルフレッドはいつものように元気でした。

掃除機に戦いを挑んだり オモチャで遊んで元気でした。

夕食後しばらくしてから吐いてましたが

気管の働きが悪くなって吐きやすかったので

あまり気にしてませんでした。









w643
その後何度か吐いて 必死にカーペットの掃除してましたが

PM11時頃には胃液を吐くようになって病院に電話。

深夜でしたが診察してもらう事になりました。









w644
血液検査で肝障害と黄疸を起こしている事が分かりました。

エコーで横腹を診ると胆嚢から十二指腸への胆管で

胆汁がつまっている状態でした。

胆汁排泄障害 だそうです。









w645
即入院して翌日には手術だと言われて頭パニック。

手術が遅れると命を落とすだろう…って。

頭パニックで院長の説明が頭に入ってこない…

院長が確認の為にもう一度エコーで横腹を診ると

つまっていた胆汁が無くなってる

細かい胆汁はあるけど 

あの管につまっていた大きな胆汁が無い










w646
診察中にもアルフレッドは嘔吐していましたが

その拍子につまった胆汁が取れたらしいのです。

院長もビックリ… お陰で入院と緊急手術は免れました。

でも肝障害と黄疸を起こしているので皮下注射を打って

翌日も皮下注射。痛い注射なのにアルフレッドは頑張りました










w647
それから4日後、肝臓と白血球の数値が正常値に戻り

黄疸も治まって少しずつ元気になってきています。

細かい胆汁があるのでまた胆汁が大きくなってつまる可能性が

あるそうです。胆汁の排泄を促す薬を飲みながら

定期的にエコーで検査していくことになりました。

病気に負けないどころか また一つ病気が増えてしまった…

発作や気管の問題、免疫系からの皮膚病等+今回の胆汁問題

で、病院から処方されている薬は10種類となりました

負けるな アルフレッド







  ↓ランキング参加中~ ぽちっとなりぃ

フレンチブルドッグひろば可愛いブヒ達に会えるじょ





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。